高齢初産・高齢出産

35才くらいの妊婦さんにしてみれば、「高年」という意識はないでしょう。
体力的な衰えもまだ、感じることはないと思います。

しかし、産科的には35才以上で、さらに初めての妊娠となると、統計的にいろいろなトラブルが起こる確率が高くなっているのが事実です。

例をあげてみます

妊娠高血圧症候群
妊娠糖尿病
早産 などの発生頻度。

子宮筋腫などの婦人科の病気や
肥満
高血圧
糖尿病
心疾患
などの生活習慣病をかかえて妊娠する率も増え、それが妊娠経過にも影響します。

リスク予防のためにできることをしよう

高年初産はハイリスクだという事実の受け止め方が大事です。

リスクを少しでも小さくする為に、できることを積極的にしようと考えてみるのはどうでしょうか?